ゆったり・にこにこ・楽しいひなたぼっこ。
豊田市からの認可で「託児所 ひなたぼっこ」から「認可保育施設 ひなたぼっこ」へと名称が変わりました。

スタッフ紹介

当園では豊田市認証保育所の基準に基づいた人員配置を実施しており、各保育士の得意分野を活かした充実した設定保育を行なっています。さまざまな専門技術を持つスタッフが集まり、個性豊かな職場です。

園長プロフィール

園長写真

ごあいさつ

長年、保育者として豊田市の子どもたちと園生活をする中で成長できた私です。子どもの「生きる力」を心と体で感じ、子ども達には感謝しています。今年も子ども達からどんな感動と心をもらえるか楽しみです。子ども達の「不思議の世界」で「共感」と「対話」を大事にして「元気いっぱい!笑顔いっぱい!」生活していきたいです。皆様のかわいい子どもさんと一緒に生活ができることを楽しみにしています。

合言葉は『ゆったり・にこにこ・楽しいひなたぼっこ』です。

せんせいたちの声

  • なおこせんせい
    (保育士)
    ひなたぼっこの子ども達は散歩が大好き!春の散歩は特に楽しいことがいっぱいなんです‼公園の桜やタンポポなどの花が満開で、風で花吹雪を楽しみます。でも、すぐ葉が伸び、どこも子どもの膝丈以上になります。そんな中で咲いているタンポポやシロツメクサを摘む子、タンポポのわたげに興じる子など遊び方はいろいろです。わたげを摘んでフーッと吹いて飛ばそうとしますが、力が弱くてなかなか飛びません。「先生やって!」と言う子、諦めずに何度も吹く子、手でたたいて飛ばす、わたげでない花を何度もフーッと吹いている子など思い思いに楽しんでいます。今年も子ども達といろいろなことを楽しみたいです。
  • たえせんせい
    (保育士)
    新年度がにぎやかにスタートしました。今年からひよこ組・うさぎ組というクラス名をつけました。かわいい子ども達の笑顔と時々の涙・なみだの姿があふれています。うさぎ組のYくんは、ひよこ組をキョロキョロ見渡し弟の姿を探しています。「Eく~ん Eく~ん」と呼びますが…「・・・ん?!」Y君の弟は入園していない…よね?!赤ちゃん=弟と結びつき探すYくんのほっこりした姿でした。子ども達のパワーに負けず、ワイワイ楽しく遊びたいと思います。
  • ちはるせんせい
    (保育士)
    子ども達の成長の早さにビックリしています。給食では、ご飯を食べようとしなかった子が手づかみやスプーンで食べられるようになったり、抱っこでしか食べようとしなかった子が椅子に腰掛けて食べられるようになったり…「おいしいね」と声を掛けると笑顔も見られるようになりました。
    一日中笑顔だった子が、次の日はずっと泣いていたり…日々子どもの姿は違いますが、ひなたぼっこの“ママ”になれるようスキンシップを多くとり信頼関係を築き、“ゆったりとにこにこ”楽しく過ごしていきたいです。
  • よこいあつこせんせい
    (保育士)
    今年度からひなたぼっこに仲間入りしました。天気の良い日は散歩に出かけます。ひよこ組はワゴンやベビカーなどに乗って出かけます。中には短い距離をてくてく歩く子もいます。歩きながらの散歩中「ぽぽ…たんぽぽのこと…」「あ…ありのこと…」など子どもならではの目線でいろいろなものを発見する姿があります。子ども目線は大人が見逃してしまいがちなものを見つけるので、改めて学ぶことが多いです。子どもの発見や驚きに共感し、成長を支えていきたいです。
  • あつこせんせい
    (保育士)
    新年度が始まり、新しい環境になりました。在園児も生活に慣れていっぱい遊べるようになりました。ままごとでは、おしゃべりがまだうまくできなかった子が、元気な声で「いらっしゃいませ~♪」「おまたせしました~」とはっきりとした言葉で、会話が楽しめるようになってきました。たくさんおしゃべりしながら楽しく過ごしていきたいです。
  • なつきせんせい
    (保育士)
    今年はかわいい赤ちゃんクラスの担当になりました。2か月が過ぎ、ハイハイができるようになったり、言葉が出てきたりとものすごい勢いで成長していく子ども達と一緒に過ごすことができることを幸せに感じています。「抱っこ」を求めていても「ゴーゴー!1・2.1・2」と楽しく声かけをするとその気になるひよこ組さん。子ども達が心地よく過ごせるように気持ちや姿に寄り添っていきます。
  • あやせんせい
    (保育士)
    ミミズを見つけて、保育者の背中から覗いていた子が、次の日には棒でつついたり、ダンゴムシにさわれなかった子が手のひらに何匹も握りしめて見せてくれるようになったりしています。子ども達の心の成長に日々おどろいて嬉しい気持ちになります。これからも自然の環境に触れながら子ども達と元気いっぱい遊んでいきたいです。
  • みわせんせい
    (保育士)
    延長保育担当です。新しい環境の中でどんどん成長していく子ども達の姿はとても嬉しく、励みになっています。午前中、ドキドキ・わくわく楽しく過ごした後の延長保育時間は、ほっとした家庭的な雰囲気の中で過ごしています。“お迎えまだでも楽しいもん!”と思えるように心と体のスキンシップを心掛け、安定して心地よい時間を過ごしていきたいです。
  • しのぶせんせい
    (保育士)
    30年度が始まりました。昨年度から在園している子ども達は一つ大きくなり、小さなお姉さん、お兄さんになって張り切って遊んでいます。ワイワイとにぎやかです。今年度から入園した子が泣いていると、心配そうに近寄り、さりげなく頭をナデナデ。保育者が「よしよししてくれるんだね。やさしいね」と声を掛けるとにっこり。とても素敵な笑顔!そんな可愛くて素敵な笑顔に癒されながら、楽しく子ども達と過ごしていきたいです。
  • ちひろせんせい
    (保育士)
    昨年度の12月からひなたぼっこの先生の仲間入りをしました。今年度はひよこ組の先生です。ひよこ組の子ども達は、初めての環境で緊張した表情の子、泣けてしまう子もいるので、私も“このおもちゃはどうかな?”“歌を歌たっらどうかな?”“ふれあい遊びをやってみよう!”といろいろ実践中です。そんな中で子ども達が少しでも“ニコッ”としてくれると、と—っても嬉しくなります。「あっ!今、笑ったね!もう一回!」と同じことをしても次の瞬間は無表情。ということも多々ありますが・・・(笑)
    子どもたちの笑顔をパワーに日々保育をしたいと思います。
  • けいこせんせい
    (保育士)
    4月からひなたぼっこに仲間入りしました。よろしくお願いします。朝のおやつが終わると、さあ!散歩の時間‼!みんな嬉しそうに靴を履きます。公園までいっぱい歩く姿にびっくりです。帰りもがんばって歩いて帰ってきます。私の方がへとへとになってしまいます。「あ~疲れた」とひとり言を言うと「先生だいじょうぶ?」とやさしい言葉をかけてくれます。その言葉に元気を取り戻す私です。やさしさと元気にあふれる子ども達と楽しい日々を過ごしていきます。
  • しずえ先生
    (保育士)
    皆さんこんにちは。延長保育担当です。子どもたちは毎日公園に散歩です。太陽に日差しを全身に浴びています。いっぱい歩き、遊んで、手作りの食事を食べて元気モリモリです。そんな元気な体と心を育てているひなたぼっこの子どもたちは、いつもニコニコ笑顔です。今年も一緒に遊ぼうね!
  • みゆきせんせい
    (主任・保育士)
    新入園児が仲間入りし、環境の変化に戸惑うAちゃんは、これまでできていたことも「やって」「できない」「だっこ」と甘えてきます。そうした子どもの気持ちはとてもよく分かるので「そうだよね。Aちゃんもやってほしいんだよね」「抱っこしてほしいんだよね」と、一度は甘えさてあげます。でも、その後「もうすぐ3歳になるAちゃん、できるかな?」と言葉をかけると、なんと自分でやり始めるのです。「やっぱり、もうすぐ3歳になるお姉さんだね!」と認めると、得意気なAちゃん。・・・そして、今では0歳児のKちゃんの側で「かわいい!」「だいすき!」と身体に触れたり、声をかけたりして、優しいお姉さんぶりを発揮しています。
    いろいろな姿を見せる子どもたちですが、子どもの気持ちに寄り添い、子どもの気持ちを十分受け止め、安心して生活ができるような保育を心がけていきます。
  • せつこせんせい
    (園長・保育士)
    認可保育施設2年目になり市役所から連絡や書類などをいただき、40年間公立園で保育をしていた頃がよみがえりました。今は事務的なことは落ち着いたので、子どもの育ちを大事にした保育を進めていきたいと思っています。今年度から2つのことが充実しました。1点目は、保育士が充実しました。
    “ひよこ組”“うさぎ組” と月齢を考慮してクラスを分けました。成長や行動をそれぞれの組で考えて保育を進めることができ、いい感じです。2点目は、保育室の物的環境がガラリと変わりました。部屋の仕切りは子どもの背丈に合わせた遊び心満載の扉、木のぬくもりいっぱいのロッカーなどすてきな保育室です。先生たちも笑顔いっぱいで、子どもたちは安定して日々過ごしています。
  • よしこさん
    (保育補助・環境整備)
    ウッドデッキ周りの季節の花、夏野菜の手入れをしています。今年の春には子ども達が歌っている♪ちゅうりぷ♪の花が咲くように昨年球根を植えました。見事に赤・黄色の花が咲きました。ピンクの桜草、色とりどりのパンジー、デイジーなど花盛りでした。これから夏野菜・秋・冬と季節に応じて花を植えて、子どもと共に楽しみたいです。今年も時々保育補助に入ります。ひなたぼっこで過ごした子ども達は4月からお姉さん、お兄さんに“変身”頼もしいです。歌や散歩が大好き!ご飯や手作りおやつも美味しくいただいて、成長する姿に子ども達から元気をいただいています。

先生イメージイラスト

ぬいぐるみイメージイラスト

えほんイメージイラスト

こどもイメージイラスト

こどもイメージイラスト

調理スタッフの声

  • まゆみさん
    (管理栄養士)
    4月からひよこ、うさぎ組に分かれての給食がスタートしました。当園では、和風だしは昆布から取っています。月齢、年齢の違う子ども達、ひよこ組の離乳食前・中・後期、うさぎ組の刻み・普通食ですのでだしの味のしっかりした薄味調理を心がけています。季節の食材を取り入れた献立を立案し、子ども達の“好きなもの”“たべられるようになったもの”を一つでも増やしていけるよう努力したいと思っています。子ども達の様子は毎月発行する給食だよりでお伝えしていきます。
  • のぶこさん
    (調理・保育補助)
    私の場所(調理室)から見える景色。3月の子どもの姿から、新しい子どもを迎えた4月の子どもの姿に一瞬戸惑う私でしたが…入園してひと月経ち子どもの姿に少し変化が見られます。うさぎ組のお姉さん・お兄さんがひよこ組の泣いている子をなでなでしたり、お世話をしている様子に頼もしく感じます。給食を泣いて食べられなかった新入園児も今ではおかわりもしています。私の場所から、毎日の生活を見つめながら声かけをし「中尾さ~んおかわり~」と言ってもらえるように愛情をこめて給食を作っていきます。
  • 良子さん
    (調理)
    緑色の野菜…嫌い!酸っぱい物…キライ!という1,2歳児が多いのに、ひなたぼっこの子は皆んなおかわりを取り合って食べます。散歩から却って、手を洗うのもそこそこにテーブルに着こうとする“ひなたっ子”(笑)
    沢山食べておおきくなあれ‼これからも美味しい給食を作りますね!

給食イメージイラスト

やさいイメージイラスト